読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『鬼』

『鬼―姿と伝承』

著者:福井県立歴史博物館(窪田裕美) 編

出版地:福井

出版者:福井県立歴史博物館

出版年:2006.10.

大きさ容量等:102p ; 30cm

[会期:平成18.10.7〜11.26]

目次

  • 正体不明のもののけ pp.3-24.
  • 地獄の鬼 pp.25-40.
  • 鬼退治物語―退治された鬼たち pp.41-52.
  • 人の心に住む鬼 pp.53-62.
  • 鬼のイメージの変化 pp.63-68.
  • エッセイ 千葉亮子「鬼よもやま考」 pp.69-76.
  •  子どものころの鬼のイメージとは?
  •  人に追い払われる鬼、鬼を追い払う鬼
  •  男と女と そして鬼―どの鬼が怖い
  •  鬼たちの棲むところ、ひそむところ
  •  つまるところ鬼とは?そして鬼の未来は?
  • 瓜生由起「鬼の豆知識」 pp.77-101.
  •  鬼が付くことわざ
  •  福井県に残る鬼の伝説
  •  鬼のいる漢字―身近な鬼
  •  鬼のいる漢字―星の名前
  •  鬼のいる漢字―神の名前
  •  鬼の名を持つ生き物
  •  鬼の名を持つ植物
  •  鬼ごっこ(日本)
  •  鬼ごっこ(海外)
  • 協力者・写真提供・参考文献 pp.102.
広告を非表示にする