読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ねがい・うらない・おまじない』

『ねがい・うらない・おまじない―欲望の造形 企画展』

著者:近藤雅樹 監修

出版地:水戸

出版者:茨城県立歴史館

出版年:2000.7.

大きさ容量等:143p ; 30cm

[会期:2000.7.22〜9.3]

目次

  • ごあいさつ pp.3.
  • 凡例 pp.4.
  • INDEX pp..
  • 近藤雅樹現代社会のウィッチドクター―異界の威力にすがること」 pp.6-7.
  • 第1章 小絵馬―絵馬の約束 pp.8-40.
  •  礼拝図―小絵馬に託す願い pp.10-11.
  •  錠前図―固い誓い pp.12-13.
  •  安産の願い pp.14-15.
  •  母体すこやかに pp.16-17.
  •  わが子なぜ泣く pp.18-20.
  •  疱瘡神送り pp.21-24.
  •  強く元気に pp.25.
  •  病い―招かれざる人生の伴侶 pp.26-27.
  •  ここが痛い、とても痛い pp.28-30.
  •  運命の赤い糸―浮世の縁の斬り結び pp.31.
  •  怨嗟―人の不幸は蜜の味 pp.32-33.
  •  小絵馬百景―馬のいる絵馬、いない絵馬 pp.34.
  •  長生きできて、楽に死ねたら… pp.35.
  •  だめでもともと―一流志願 pp.36.
  •  天気がよければ―一攫千金も夢じゃない pp.37.
  •  判じ絵 謎解き― pp.38-39.
  •  これも絵馬なの!? pp.40.
  •  近藤雅樹「イコマ―ご利益の聖と俗」 pp.41-47.
  •   「イコマの聖天さん」
  •   イコマの意味
  •   現世利益の山
  • 第2章 くわばら、くわばら―厄よけと供養 pp.48-79.
  •  年中―おめでたいけど、厄払い pp.50.
  •  夏越祓の祓の形代 pp.51.
  •  村の境を守るカミ pp.52-53.
  •  藁の体で怖い顔 pp.54-55.
  •  稲虫供養―失われゆく習俗 pp.56-57.
  •  藁船・藁馬―カミと精霊を乗せて pp.58-59.
  •  山を祀り、海に祈る pp.60-61.
  •  魔よけ 弾よけ 災難よけ pp.62-63.
  •  感謝を込めて―道具の供養 pp.64-65.
  •  ペット供養の源流 pp.66-67.
  •  鬼に金棒、天狗に団扇 pp.68-69.
  •  怖いもの―地震、雷、火事…、オヤジ? pp.70-71.
  •  鈴の威力―厄よけ 災難よけ pp.72.
  •  水口千里「「おまじない」ごっこ考」 pp.73-79.
  •   1.まじないを忘れた男
  •   2.霊能力者の苦悩
  •   3.電脳まじないの部屋
  •   4.まじない教則本の教え
  •   5.ハンドメイドのおまじないグッズ
  •   6.マニュアル化したまじない
  • 第3章 お告げ 占い―チャネリング pp.80-95.
  •  せっかくだから―夢占いもおめでたく pp.82-83.
  •  鐘の音と 弦鳴りに聞く カミの声 pp.84-85.
  •  暦に刻まれたカミの声 pp.86.
  •  引き当てて知る カミの意志 pp.87.
  •  勝手のお願い pp.88.
  •  木村裕樹「占いの都市事情―大阪「キタ」を中心に」 pp.89-.95
  •   I.はじめに
  •    現代の占い師
  •   II.占いをめぐる現代的事情
  •    占い本の在りか
  •    女性誌が提供する占い
  •    対人関係とストレス
  •    占いの世相史
  •   III.現代の占い師と場所
  •    大阪「キタ」の占いショップ
  •    場所の両義的性格
  •   III.癒しの時代と占い―むすびにかえて
  • 第4章 すがりついて あやかって―縁起をかつぐ pp.96-133.
  •  ツルカメ ツルカメ pp.98-99.
  •  福を招く 福を授かる pp.100-101.
  •  華燭の宴を彩るもの pp.102-105.
  •  お殿様も愛でた七福神 pp.106-107.
  •  庶民の味方―七福神 pp.108-111.
  •  恵比寿様は働き者 pp.112-113.
  •  招福の縁起物―宝船 pp.114-115.
  •  招き猫―前足の霊力 pp.116-117.
  •  達磨 ダルマ だるま pp.118-119.
  •  福助―福子思想の申し子 pp.120-121.
  •  エロチックなおまじない pp.122-123.
  •  うれし恥ずかし―性器表現 pp.124-125.
  •  起てて並べて―性の神秘 pp.126-127.
  •  陽物崇拝の周縁 pp.128.
  •  近藤雅樹「てるてる坊主が見たもの」 pp.129-133.
  •   馘首の呪詠―「てるてる坊主」の正体
  •   生贄
  •   「てるてる坊主」の前世
  • まとめ1 水口千里「道具供養に見る日本人の宗教感」 pp.134-135.
  • まとめ2 近藤雅樹「現代人の心のゆくえ」 pp.136-137.
  • 出品資料目録 pp.138-141.
  • 参考文献一覧 pp.142.
  • 出品者・協力者一覧 pp.143.