『江戸妖怪物語』

『江戸妖怪物語―特別展』

著者:八戸市博物館(藤田俊雄・大嶋千早) 編

出版地:八戸

出版者:八戸市博物館

出版年:2007.7.

大きさ容量等:47p ; 30cm

[会期:平成19.7.21〜8.26]

目次

  • ごあいさつ pp.1.
  • 目次・凡例 pp.2.
  • 石井正己「人魚・河童・天狗―南部藩妖怪事情」 pp.3-6.
  • 第一章 日本の鬼・妖怪 pp.7-9.
  •  一 鬼を視た人々 pp.8.
  •  二 鬼として生きた人々 pp.9.
  • 第二章 百鬼生まれる pp.10-13.
  • 第三章 江戸妖怪物語〜娯楽(大衆文化)としての恐怖 pp.14-.
  •  一 妖怪図鑑 pp.15-17.
  •  二 怪談 pp.18-22.
  •  三 妖かし pp.23-24.
  •  四 妖怪で笑う pp.25-27.
  • 第四章 信仰の対象として pp.28-31.
  • 第五章 博物誌流行る〜科学としての妖怪学 pp.32-40.
  • 第六章 妖怪は今 pp.41-43.
  • 付録 八戸妖怪・幽霊マップ pp.44-45.
  • おもな参考文献 pp.46-47.
  • 特別展協力者の方々 pp.48.
広告を非表示にする