読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『天変地異と世紀末』

図録 1999

『天変地異と世紀末―日本人の災害観・終末観』

著者:古河歴史博物館(立石尚之)編

出版地:古河

出版者:古河歴史博物館

出版年:1999.10.

大きさ容量等:53p ; 30cm

[会期:平成11.10.23〜11.23]

目次

  • カラー図版 pp.1-8.
  • I きざし・ことぶれ―予兆 pp.9-14.
  •   物言う獣たち 霊獣
  •   神仏の使い 魚・昆虫
  •   災害をつげる天体
  •   自然環境の不思議な変化
  •   災害が変化の予感
  • II おこる―事象としての天変地異 pp.15-28.
  •   焼ける山 天明の浅間焼け
  •   土石なだれに埋没した村 天明の浅間焼け
  •   古河の降灰と情報収集
  •   震える大地 善光寺地震
  •   地震の記憶 善光寺地震
  •   記憶の増幅 安政江戸大地震
  •   被災と情報 安政江戸大地震
  •   古河藩の被害 安政江戸大地震
  •   天から降ってくるもの 天候
  • III よけ・おくる―災厄から身を守る pp.29-38.
  •   現れる異獣
  •   そなえあればうれいなし
  •    永用俊彦「古河城 大変―土井家中の洪水対策マニュアル」
  •   災いをおこす原因
  •   災害をしずめる力
  •   鹿島大明神と要石
  •   身を守る毛 伊勢神宮の神馬の毛
  •   護符と証文
  • IV まんざいらく―生まれ変わる世界 pp.39-44.
  •   泥と化す世
  •   世直りへの期待
  •   富をもたらすものたち
  •   職人層の繁栄
  •   世紀をめぐる出版
  • 宮田登「天変地異と世直し」 pp.45-48.
  • 山口美男「資料 古河日記(抄)」 pp.49-51.
  • 展示資料 目録 pp.52-53.
  • 参考文献 pp.54.