『鬼・鬼瓦』

『鬼・鬼瓦』

著者:福住治夫 編

出版地:東京

出版者:INAX

出版年:1986.3.(2版)[初版1982.7.]

大きさ容量等:47p ; 21×21cm

[会期:1982.7.1〜9.25:伊奈ギャラリー]

目次

  • 小林章男「鬼・鬼瓦」pp.6-23.
  •  小林章男「鬼をめぐって」pp.8.
  • 中村光行「百鬼夜行 ONIcyclopedia」pp.24-59.
  •  中村光行「日本の鬼は善鬼」pp.26-27.
  •  上代の鬼 pp.28.
  •  今昔物語の鬼 pp.28.
  •  伊勢物語の鬼 pp.28.
  •  日本霊異記の鬼 pp.28-29.
  •  宇治拾遺物語の鬼 pp.29-30.
  •  太平記の鬼 pp.30.
  •  中国の鬼 pp.30.
  •  朝鮮の鬼 pp.30-31.
  •  仏教の鬼 pp.31.
  •  節分の鬼 pp.31-32.
  •  福は内、鬼も内 pp.32.
  •  奉炉神 pp.32-33.
  •  前鬼・後鬼 pp.33.
  •  鬼瓦と鬼の形象 pp.33-34.
  •  角隠し pp.34.
  •  おとこ鬼・おんな鬼 pp.34-35.
  •  赤鬼・青鬼・まんだら鬼 pp.35-36.
  •  鬼に金棒 pp.36.
  •  天邪鬼 pp.36-37.
  •  百鬼夜行 pp.37-38.
  •  鬼門 pp.38.
  •  風神のこと pp.38-41.
  •  雷神のこと pp.41.
  •  まつりの鬼 pp.41-42.
  •  肉づきの面 pp.44.
  •  一寸法師の鬼 pp.44.
  •  鬼ガ島の鬼 pp.44-45.
  •  羅生門の鬼 pp.45-46.
  •  安達が原の鬼 pp.46-47.
  •  茨木童子 pp.47.
  •  佐渡の鬼 pp.47-48.
  •  戸隠の鬼 pp.48.
  •  天狗と鬼 pp.48.
  •  鬼と狛犬と獅子 pp.48-49.
  •  鬼の階級 pp.49.
  •  鬼についての研究 pp.49.
  •  能のなかの鬼 pp.49-50.
  •  落語のなかの鬼 pp.50.
  •  川柳のなかの鬼 pp.50-51.
  •  わらべ歌の鬼 pp.51-52.
  •  鬼のことわざ pp.52.
  •  現代文学のなかの鬼 pp.52-53.
  •  鬼のつく姓 pp.53.
  •  大津絵の鬼 pp.53-54.
  •  絵馬の鬼 pp.54-55.
  •  地獄絵の鬼 pp.55-58.
  •  鬼を描いた画家たち pp.58.
  •  鬼という文字 pp.58-59.
  •  鬼のつく漢字 pp.59.
  •  萩原秀三郎「まつりのなかの鬼・番外篇」 pp.42-43.
  •  横井也有「鬼伝」 pp.47.
  •  鈴木仁一・選「鬼の川柳」 pp.50.
  •  九鬼周造「自分の苗字」 pp.53.
  • 筆者紹介 pp.60.
広告を非表示にする