読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『江戸妖怪大図鑑』

図録 2014

『江戸妖怪大図鑑』

著者:太田記念美術館(日野原健司)編

出版地:東京

出版者:太田記念美術館

出版年:2014.7.

大きさ容量等:255p ; 30cm

[会期:平成26.7.1〜9.25]

目次

  • ごあいさつ
  • 謝辞
  • 目次
  • 凡例
  • 日野原健司「浮世絵版画に描かれた妖怪たち」 pp.7-14.
  • 香川雅信「江戸の妖怪文化」 pp.15-19.
  • 第1部 化け物 pp.21-76.
  •  酒呑童子 pp.22-27.
  •  土蜘蛛 pp.28-33.
  •  羅生門の鬼 pp.34-35.
  •  貞信公と鬼 pp.36.
  •  戻橋の鬼 pp.37.
  •  平維茂と鬼 pp.37-39.
  •  大森彦七と鬼 pp.40-.
  •  鵺 pp.40-41.
  •  八岐大蛇 pp.42.
  •  大蛇 pp.42-43.
  •  鰐鮫 pp.44-45.
  •  動物の化け物 pp.46.
  •  天狗 pp.46-48.
  •  河童 pp.49-51.
  •  化け猫 pp.52-53.
  •  個性的な化け物たち pp.54-60.
  •  化け物大集合 pp.61-69.
  •  風刺としての化け物 pp.70-76.
  • 第2部 幽霊 pp.77-132.
  •  累 pp.78-81.
  •  お岩 pp.82-89.
  •  お菊 pp.90-92.
  •  小幡小平次 pp.93-95.
  •  浅倉当吾 pp.96-99.
  •  崇徳院 pp.100-101.
  •  平清盛と亡霊 pp.102-105.
  •  平家の亡霊たち pp.106-111.
  •  清姫 pp.112.
  •  姑獲鳥 pp.112-113.
  •  さまざまな幽霊 pp.114-125.
  •  地獄 pp.126-128.
  •  幽霊の見世物・人形 pp.129-130.
  •  驚く人々 pp.131-132.
  • 第3部 妖術使い pp.133-188.
  •  天竺徳兵衛 pp.134-141.
  •  平太郎良門・滝夜刃姫 pp.141-151.
  •  児雷也 pp.152-159.
  •  若菜姫 pp.160-163.
  •  鬼童丸・袴垂保輔 pp.164-169.
  •  美妙水義高 pp.170-171.
  •  さまざまな妖術使い pp.172-181.
  •  九尾の狐 pp.182-186.
  •  狐 pp.187-188.
  • 横山泰子「役者の演じた化け物・幽霊」 pp.190-193.
  • 佐藤至子「物語のなかの妖術使い」 pp.194-198.
  • 服部仁児雷也の妖術―怪魚大鰐鮫」 pp.199-203.
  • 作品解説 pp.205-253.
  • 主要参考文献 pp.254-255.

『かっぱ展』

図録 2016

『かっぱ展―特別展図録(平成28年度特別展)』

著者:八戸市博物館(中尻貴之)編

出版地:八戸

出版者:八戸市博物館

出版年:2016.7.

大きさ容量等:77p ; 21cm

[会期:平成28.7.16〜8.21]

目次

  • もくじ
  • はじめに pp.1.
  • 第1章 かっぱに出会うまで pp.2-4.
  •  本草学と河童 pp.2-3.
  •  変わりゆくかっぱの姿 pp.4.
  • 第2章 かっぱ世にはばかる pp.5-8.
  •  記録されたかっぱ pp.5-7.
  •  題材にされたかっぱ pp.8.
  • 第3章 人の心に“生きている”かっぱ pp.9-15.
  •  かっぱの妙薬 十三枚本世散 pp.9.
  •  商運にご利益あり 河童大明神 pp.10-11.
  •  水難除けの神様 水虎様 pp.12-13.
  •  河童の詫び状 pp.14.
  •  雨をもたらす 河童の手のミイラ pp.15.
  • 第4章 あなたの隣にいるかっぱ pp.16-21.
  •  かっぱの聖地 民話の里「遠野」 pp.16.
  •  柳田國男遠野物語 pp.17-18.
  •  いち早くかっぱを宣伝に使った会社 黄桜株式会社 pp.19.
  •  銀幕スターになったかっぱたち pp.20-21.
  • 第5章 八戸のかっぱ メドツ pp.22-25.
  •  類家田んぼと「メドツが出るぞ」看板 pp.22-25.
  • 図版解説 pp.26-39.
  • 協力者一覧 pp.40.
  • 主な参考文献 pp.41.
  • かっぱと人の歩み pp.42-43.
  • 八戸のメドツの話 pp.80-44.
  •  1. メドツ河原周辺
  •   メドツの約束 pp.77-75.
  •   メドツととっくり pp.75-72.
  •  2. 吹上周辺
  •   メドツをだまして福をさずかった話 pp.72-70.
  •  3. 新井田周辺
  •   八幡川原の「一太郎」 pp.70-68.
  •   松橋さんとメドツ pp.68-66.
  •   万吉おじさんと勝太郎 pp.67-66.
  •  4. 櫛引周辺
  •   烏沢のメドツ pp.66-65.
  •   メドツとかば焼餅 pp.65-64.
  •   左甚五郎とメドツ pp.64-59.
  •  5. 是川周辺
  •   カブ焼の笹四郎 pp.59-54.
  •   是川村のメドツ pp.54-53.
  •  6. 下道内周辺
  •   下道内のメドチ pp.52-51.
  •  7. 島守周辺
  •   メドチの恩返し pp.50-47.
  •   メドツをだました飛脚 pp.47-45.
  •   島守のメドツ pp.45-44.
広告を非表示にする

『日本の「妖怪」を追え!』

図録 2013

『日本の「妖怪」を追え!―北斎国芳、芋銭、水木しげるから現代アートまで』

著者:横須賀美術館(日野原清水・富田康子)編

出版地:横須賀

出版者:横須賀美術館

出版年:2013.7.

大きさ容量等:127p ; 19×25cm

[会期:平成25.7.13〜9.1]

目次

  • ごあいさつ pp.3.
  • 謝辞
  • 目次
  • 谷川健一「原始の声―妖怪の起源」 pp.6-9.
  • 日野原健司「江戸の「妖怪」を追う―浮世絵版画に描かれた妖怪たち」 pp.10-15.
  • 凡例
  • 1章 妖怪登場―大都市・江戸に生まれた物語 pp.17-54.
  •  石燕の妖怪図鑑 pp.18-23.
  •  妖怪大集合 pp.24-32.
  •  北斎の妖怪画 pp.33-37.
  •  国芳の妖怪画 pp.38-42.
  •  動物の妖怪 pp.43-47.
  •  おもしろ妖怪 pp.48-51.
  •  妖怪のおもちゃ pp.52-54.
  • 2章 妖怪変化―近代にあらわれたさまざまな妖怪像 pp.55-82.
  •  芳年の妖怪画 pp.56-61.
  •  江戸から明治へ pp.62-66.
  •  幽霊画 pp.67-73.
  •  水木しげるの妖怪画 pp.74-82.
  • 3章 妖怪はここにいる―現代アートにみる妖怪像 pp.83-114.
  •  現代アートにみる妖怪像 pp.84-114.
  • 日野原清水「「妖怪」を追いながら―日本の「妖怪」を追え!展をめぐって」 pp.115-117.
  • 作家略歴 pp.118-121.
  • 出展目録 pp.122-125.
  • 主要参考文献 pp.126-127.

『遠野物語と妖怪』

図録 2015

遠野物語と妖怪(平成27年度夏季 遠野市立博物館 特別展)』

著者:遠野市立博物館(小向孝子・佐々木修・長谷川浩・阿部信代・小原志穂)編

出版地:遠野

出版者:遠野市立博物館

出版年:2015.7.

大きさ容量等:67p ; 30cm

[会期:平成27.7.24〜9.23]

目次

  • ごあいさつ pp.3.
  • もくじ pp.5.
  • はじめに pp.6.
  • 描かれた妖怪たち pp.7-29.
  •  百鬼夜行絵巻 pp.8-14.
  •  拾芥抄 pp.13-15.
  •  今昔百鬼拾遺(百鬼夜行拾遺) pp.16-17.
  •  今昔画図続百鬼(今昔続百鬼) pp.18-19.
  •  姫国山海録 pp.20-21.
  •  稲生平太郎物語 pp.22-25.
  •  大石兵六夢物語 pp.26-27.
  •  尾上松緑百物語 pp.28.
  •  妖怪一年草 pp.29.
  • 妖怪と信仰 pp.30-35.
  •  ケーセラバーサラ(ケセランパラン) pp.31.
  •  天狗の牙と正牛坊の角 pp.32-33.
  •  カッパの手形(カッパの詫び状) pp.34.
  •  雷神(雷獣)のミイラ pp.35.
  • 遠野物語』の誕生 pp.37-40.
  • 遠野物語』と妖怪 pp.41-57.
  •  ザシキワラシ pp.42-45.
  •   佐々木喜善とザシキワラシ pp.45.
  •  河童 pp.46.
  •  天狗 pp.47-49.
  •  山の怪 pp.50-51.
  •  旗屋の縫と妖怪 pp.52-53.
  •  猿の経立 pp.54.
  •  狐 pp.55.
  •  狢 pp.56.
  •  雪女 pp.57.
  • 現代と妖怪 pp.58-60.
  • 資料編 pp.61-67.
  •  遠野まちなか不思議妖怪マップ pp.62-63.
  •  遠野物語題目一覧 pp.64-65.
  •  出品目録 pp.66.
  •  主要参考文献 pp.67.

『異界へのいざない』

図録 2015

『異界へのいざない―妖怪大集合 企画展』

著者:茨城県天心記念五浦美術館(三代博紀)編

出版地:北茨城

出版者:茨城県天心記念五浦美術館

出版年:2015.

大きさ容量等:63p ; 26cm

[会期:平成27.7.18〜8.30]

目次

  • 凡例
  • ごあいさつ
  • 立石尚之「日常のなかのあちら側」 pp.4-8.
  • 序章 躍動する妖怪たち―百鬼夜行絵巻 pp.9-11,45.
  • 第一章 妖怪物語―浮世絵に描かれた妖怪 pp.12-24,46-48.
  • 第二章 妖怪図鑑―鳥山石燕水木しげる pp.25-31,48.
  • 第三章 河鍋暁斎小川芋銭と妖怪 pp.32-38,49-51.
  • 第四章 妖怪たちの行方―妖怪を描いた戦後の日本画家たち pp.39-44,52-54.
  • 特別展示 映画「妖怪大戦争」撮影ジオラマ pp.55.
  • 展覧会後記 pp.55.
  • 作家略歴 pp.56-59.
  • 出品目録 pp.60-63.
  • 謝辞

『水木しげる妖怪図鑑』

図録 2010

水木しげる妖怪図鑑』

著者:岡本弘毅 編、京極夏彦・岡本弘毅・飯尾由貴子・西田桐子 著

出版地:[神戸]

出版者:兵庫県立美術館産経新聞

出版年:2010.

大きさ容量等:223p ; 21cm

[会期:2010.7.31〜10.3]

目次

  • ごあいさつ pp.4.
  • 謝辞 pp.5.
  • 京極夏彦「水木妖怪画こそ妖怪そのものであるということ」 pp.6-13.
  • カタログ凡例 pp.14.
  • 第一章 水木しげるの妖怪図鑑 pp.15-110.
  •  PART 1 里の妖怪 pp.16-66.
  •   コラム一 里の妖怪 pp.66.
  •  PART 2 山の妖怪 pp.67-88.
  •   コラム二 山の妖怪 pp.88.
  •  PART 3 水の妖怪 pp.89-110.
  •   コラム三 水の妖怪 pp.110.
  • 第二章 鬼太郎の秘密 pp.111-144.
  •   コラム四 鬼太郎 pp.128.
  •   鏡爺 pp.128-144.
  • 第三章 江戸時代の妖怪たち pp.145-209.
  •   コラム五 絵巻の妖怪 pp.178.
  •   コラム六 錦絵の妖怪 pp.209.
  • 岡本弘毅「最後の妖怪絵師・水木しげる」 pp.210-214.
  • 参考文献(抄) pp.215.
  • 水木しげる略年譜 pp.216-217.
  • 出品リスト pp.218-223.

『今昔、日本の妖怪』

図録 2015

『今昔、日本の妖怪―百鬼夜行からゲゲゲまで 特別展』

著者:宮崎県総合博物館(小山博) 編

出版地:宮崎

出版者:宮崎県総合博物館

出版年:2015.7.

大きさ容量等:114p ; 30cm

[会期:平成27.7.18〜8.31]

目次

  • ごあいさつ pp.3.
  • 目次 pp.4-5.
  • 凡例 pp.6.
  • 序章 妖怪の定義 pp.7-8.
  • 第1章 妖怪とは―妖怪誕生の背景 pp.9-11.
  •  1. 文献に現れた妖怪―妖怪の誕生 pp.10-11.
  •   ①歴史書に書かれた妖怪 pp.10-11.
  •   ②中国からやって来た妖怪 pp.11.
  •  2. 絵画に描かれた妖怪―妖怪の姿登場 pp.12-44.
  •   ①百鬼夜行図から妖怪図鑑へ pp.12-32.
  •   ②様々な書物に描かれた妖怪 pp.32-35.
  •   ③婚礼行事を妖怪で描く pp.36-43.
  •   ④妖怪の世界へのいざない pp.44.
  • 第2章 ようこそ!妖怪の世界へ―妖怪ワールド探検 pp.45-92.
  •  鬼 pp.46-55.
  •  人魚 pp.56-58.
  •  天狗 pp.59-62.
  •  河童 pp.63-66.
  •  狐狸 pp.67-78.
  •  その他 pp.78-.
  •   化け猫 pp.78-79.
  •   海坊主 pp.80.
  •   百足 pp.80.
  •   鼠 pp.81.
  •   土蜘蛛 pp.81.
  •   人の執念 pp.82-86.
  •   白澤 pp.86.
  •   ミイラ pp.87.
  •  幽霊 pp.87-88.
  •  妖怪玩具 pp.89-92.
  • 第3章 宮崎の妖怪大集合―県内に伝わる妖怪達 pp.93-98.
  •  1. 県内の妖怪研究の歴史 pp.94.
  •   ①植物学者 日野巌 pp.94.
  •   ②柳田國男の『妖怪談義』に引用された資料 pp.94.
  •  2. 県内の妖怪達 pp.95-98.
  •   ①ガモジン pp.95.
  •   ②鬼 pp.95.
  •   ③河童 pp.95-97.
  •   ④幽霊 pp.97.
  •   ⑤クダン pp.97.
  •   ⑥天狗 pp.98.
  •   ⑦山姥・山姫 pp.98.
  •   ⑧その他(巨人伝説)pp.98.
  • 第4章 妖怪は滅びたか?―現代に生きる妖怪 pp.99-106.
  •  1. 妖怪研究の歴史 pp.100-101.
  •   ①哲学者 妖怪博士の井上円了 pp.100.
  •   ②民俗学の祖 柳田國男 pp.101.
  •   ③風俗史研究家 江馬務 pp.101.
  •  2. 都市伝説・学校の怪談 pp.102.
  •   ①口裂け女 pp.102.
  •   ②人面犬・人面魚 pp.102.
  •   ③学校の怪談 pp.102.
  •   ④宮崎の都市伝説 pp.102.
  •  3. 水木しげるの世界 pp.103.
  •   ①プロフィール pp.103.
  •   ②水木しげる氏の描く妖怪 pp.103-106.
  • 主要参考文献 pp.107.
  • 妖怪展 展示資料リスト pp.108-114.
  • 謝辞・協力先一覧 pp.114.